山形代表ブランド米つや姫 - 小嶋商事株式会社の山形産直市場山形代表ブランド米つや姫2kg
山形代表ブランド米つや姫 - 小嶋商事株式会社の山形産直市場山形代表ブランド米つや姫2kg
山形代表ブランド米つや姫 - 小嶋商事株式会社の山形産直市場山形代表ブランド米つや姫2kg
山形代表ブランド米つや姫 - 小嶋商事株式会社の山形産直市場山形代表ブランド米つや姫2kg
山形代表ブランド米つや姫 - 小嶋商事株式会社の山形産直市場山形代表ブランド米つや姫2kg

小嶋商事株式会社の山形産直市場

山形代表ブランド米つや姫 税送料込み

通常価格 ¥2,200
単価  あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。

山形の風土が生んだお米「つや姫」

山形の農の匠が丹精込めて育てる安全で惜しいさを極めた特別な山形のお米

日本中のなによりも白いご飯が大好きな人にお届けいたします。

その名のごとくツヤツヤ感満載!炊きたてはもちろん冷めてもおいしい山形ブランド米つや姫、一度食べたら忘れられない味をみちのく山形からお届け

更に弊社の肥料で丹精込めて育て上げたお米ですので是非ご賞味ください

業務用は別途ご相談承りますので是非レストランなどでもご利用いただき広めていただけたら光栄です

つや姫誕生の秘話

以下引用

開発期間は10年

明治時代に本県庄内町(旧余目町)で阿部亀治氏が育成した水稲品種「亀の尾」は、品種改良の交配親として盛んに用いられ、その良食味性が「コシヒカリ」や「はえぬき」に引き継がれています。この本県育成品種である「はえぬき」は、平成3年に育成され、収量・品質が安定していることから、いもち病に弱く倒れやすかった「ササニシキ」に代わり、瞬く間に県の主力品種に駆け上がりました。しかし、全国的に「コシヒカリ」の作付けが拡大していく中で、生産者からさらなる良食味品種が求められてきたことから、極良食味系統の開発が急がれました。
そこで、平成10年から「つや姫(山形97号)」を山形県立農業試験場庄内支場(現 山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場庄内支場)において育成しました。
育成期間を短縮するために、暖房した世代促進ハウス内で冬期間も栽培しました。また、ほ場での栽培では苗を一本ずつ植え、病気に強いか、収量が穫れそうか毎日観察しながら選抜しました。育成世代の早い段階から実際にご飯を炊いて食味試験を行いました。
こうして、10万分の1の確率で選抜された本県オリジナル品種「つや姫(山形97号)」は、「亀の尾」の良食味性を引き継いで誕生しました。

 生産者と品質を厳選しておりますので数に限りがございます。ご予約はお早めに。写真はイメージです